ゴルフの基礎

[バンカーショット] 基本のルールや打ち方を押さえよう! [初心者向け]

今回は、初心者向けにバンカーショットの基本のルールや打ち方について解説していきます。

こまりネコ
バンカーに入るとなかなか出せれない...

いつも2打、3打ぐらい打っちゃうからこまる...基本の打ち方を知りたいな〜

こんな疑問に答えていきます。

バンカーショットと聞くと、少し難しいイメージや苦手意識がある方も少なくはありませんよね。

ライや砂の固さなどは当然いつも異なるので、そこがバンカーの醍醐味ではあります。

バンカーショットが苦手な方は、「正しい砂の取り方や飛ばし方」を理解していない可能性があります。

なので、バンカーショットの基本を理解することができれば、苦手意識はなくなりリカバリーすることが楽しく思えてくるはず。

バンカーショットすらも楽しんでこそゴルフなのです!

では見ていきましょう!

バンカーショットの基本ルール

まず初めに、バンカーショットの基本ルールを知っておきましょう。

バンカーショットの基本ルール

  • バンカー内ではクラブを砂につけてはいけない
  • バンカー内の水たまりにボールが入った場合
  • 2打罰でバンカーの外にドロップが可能

順に見ていきましょう!

バンカー内ではクラブを砂につけてはいけない

バンカー内ではクラブを砂に触れてはいけません。

クラブが砂に触れてしまうと、2打罰のペナルティーが科せられてしまいます。

なので、アドレスの際にはクラブを地面から浮かせた状態で構える必要があります。

ちなみにですが、クラブが地面に触れることを「ソールする」といいます。

バンカー内の水たまりにボールが入った場合

前日の雨などで、バンカー内に水たまりが残ることはよくあることです。

その水たまりにボールが入ってしまった場合は、バンカー内でカップに近づかずに1クラブレングス以内でドロップが可能になります。

または、ピンに近づかない位置で1打罰でバンカー外にドロップが可能。

※1クラブレングス...クラブ一本分のこと

2打罰でバンカーの外にドロップが可能

どうしてもバンカーからリカバリーできない時には、2打罰でバンカーの外にドロップできます。

カップとボールを結んだ延長線上で、1クラブレングス以内にドロップできます。

バンカーの種類

バンカーの種類は大きく分けて下記の2つがあります。

バンカーの種類

  • フェアウェイバンカー
  • ガードバンカー

簡単に見ていきましょう。

フェアウェイバンカー

その名のとおりフェアウェイの脇などにあるバンカーのこと。

大体ですが、2打目地点周辺にあることが多いですね。

フェアウェイバンカーに入ってしまった場合は、長い距離(100〜150ヤード)くらいのショットを求められます。

平坦で顎が高くないのが特徴です。

ガードバンカー

コースのグリーン付近に配置されたバンカーのことで、グリーンを守っているかのようにあるので、その名がつきました。

顎が高いバンカーだと、ボールも高く上げる必要があるので比較的難しいです。

バンカーショット 基本の打ち方

バンカーでは「サンドウェッジ(SW)」を使用し、ガードバンカーを中心にバンカーショットの打ち方を下記の3つ分けて見ていきます。

基本の打ち方

  • スタンスとクラブフェースの開き
  • テークバックでスウェーしない
  • コックを維持したままダウンスイング

スタンスとクラブフェースの開き

まずアドレスに入る前に、確認しておきたいことが2つあります。

  • 砂の固さ
  • 砂の量

これらをアドレスに入る前に確認しながら、砂の中に足を少し埋めるようにツイストさせます。

これにより安定しやすく、重心を下半身に集中させる。

足元をどっしり構えるイメージ。

砂が固くないのであればスタンスをオープンにし、クラブフェースを45度くらい開きます。

この時のボールの位置は左足寄りにしておき、ハンドファーストで構えないようにします。

ココに注意

ハンドファーストだとボールをフワッと上げにくいので、顎が高い時などは特に注意が必要

テークバックでスウェーしない

普段のテークバックにも似ていますが、体重移動は最小限でスウェーをしないようにバックスイングしていきます。

この時に早めにコックをしておきます。

トップの位置の腕は、9時の高さ程度が基本ですが、距離によって変えていきます。

およそのバンカーショットの飛距離ですが、普段のアプローチの3分の1程度になります。

砂の取り方にもよるので自分の振り幅を見つけていきましょう。

コックを維持したままダウンスイング

普段のショット同様で腰リードでダウンスイングしますが、この時にコックを維持したまま下ろしていきます。

クラブはインサイドインの軌道でターゲットよりも左に抜けるように降っていきます。

クラブの「バンス部分」で、ボールの手前3〜5センチあたりをダフらせます。

「パンッ」というような乾いた? 音で打てたら最高です。

自分で救い打ちをしたり、砂の中にクラブを潜り込ませようとしなくても大丈夫です。

サンドウェッジのバンス部分をダフらせれば、勝手にボールはフワッと上がってくれます。

正しく打つことができたら、ボールは高く上がりバックスピンもかかりますよ。

ダウンスイングの時、初めのうちは少し力を入れても問題ないですが、慣れてくれば適度な力感がわかってくるはず。

ココに注意

ボールを打つのではなく、ボールの手前をダフらせること!!

砂が固い場合のバンカーショット

前日の雨などでバンカーの砂がさらさらではなく、固まっていることがあります。

見た目からして固そうなのが分かりますが、先ほどと同様にアドレスに入る際に、足元で確認しましょう。

砂が固い場合の時に、注意したいことが下記の2つ。

注意ポイント

  • クラブが弾かれやすい
  • 飛距離が出やすい

クラブが弾かれやすい

砂が柔らかく、さらさらの時と同様にクラブフェースを開いて打つと、クラブが砂に弾かれやすいです。

特にヘッドを上から強く入れるほど、砂に弾かれる力が強くなるのでトップしてしまう可能性があります。

なのでフェースの開く角度は少なくし、アプローチに近い感覚で打つようにします。

この時もボールの手前をダフらせますが、砂を薄くとるイメージが大事になります。

飛距離が出やすい

固い砂のバンカーだと、通常よりもボールが飛んでしまうので、バックスイングの振り幅には注意が必要。

さらに、砂が柔らかい時よりも上がりにくいので転がりやすい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

初心者向けにバンカーショットの基本のルールや打ち方について、解説してきました。

もう一度、簡単にバンカーショットの打ち方を見ていきましょう。

スタンスとクラブフェースの開き
  • アドレスに入る前に、砂の固さや量を確認しておく
  • オープンスタンスで構え、フェースを45度くらい開く
テークバックでスウェーしない
  • 体重移動は最小限で、スウェーをしないようにバックスイング
  • およその飛距離は、普段のアプローチの3分の1程度
コックを維持したままダウンスイング
  • コックを維持したまま腰リードでダウンスイング
  • クラブのバンス部分で、ボールの手前3〜5センチあたりをダフらせる

思っているほどバンカーショットは難しいものではなく、正しい打ち方ができればバンカーの顎が高くても、フワッときれいにボールは飛んでくれます。

ぜひ、試してみてくださいね!

-ゴルフの基礎

© 2021 ゆるゴル