ゴルフの基礎

[コースデビュー] ゴルフ場の1日の流れや時間は? [初心者必見]

今回は、初心者向けにゴルフ場の1日の流れや時間について解説していきます。

こまりネコ
最近ゴルフを始めてやっと来週にコースデビューなんだけど、ゴルフ場についてからどうすればいいの??

9時スタートなんだけど、流れや手順が知りたいな〜

こんな疑問に答えていきます。

去年、今年と新型コロナ感染が拡大するとともに、実はゴルフ人口が増えています。

それも若者が特に増えており、練習場はもちろんゴルフ場は平日でも予約が取りにくくなるほど。

それに伴い、初心者の方のゴルフ場やラウンド中のマナーの悪さが目立ってきています。

ゴルフは紳士のスポーツというのを理解し、「行ったことあるよ〜」という方ももう一度、ラウンドの流れやマナーをしっかり頭に入れておきましょう!

コースデビューで知っておくべきこと

コースデビューにあたり、ゴルフ場の基本情報やマナーについて簡単に解説していきます。

ゴルフ場の基本情報

ゴルフコースは1〜9ホール(OUT)と10〜18(IN)の合計18ホールで構成されており、コースによっては西や東などそれぞれ名前がついている場合もあります。

基本的なコースの形は、

  • ショート(パー3)が4ホール
  • ミドル (パー4)が10ホール
  • ロング (パー5)が4ホール

の合計18ホールでパー72になります。

スコアの合計で競うゲームで、より少ない方が勝ちになります。

ハーフ(9ホール)のプレー時間は2時間が基本で、18ホール+休憩1時間でおよそ5時間になります。

人が少なくあまり混んでいない場合やプランによってはスループレー(休憩なし)もあります。

ラウンド中の最低限のマナー

ゴルフをプレーする以上は、確実に守るべきマナーがあります。

同伴者の方にベテランの方がいれば、ラウンドをしながら教えてもらうことは可能ですが、そうではない方もいるはずですよね。

ラウンド前に下記7つの最低限のマナーは頭に入れておきましょう。

最低限のマナー

  • 打つ人の邪魔をしない
  • 前の組に打ちこまない
  • スロープレーは厳禁
  • ボール探しはクラブを何本か持ってく
  • 予備のボールをポケットに持っておく
  • ボールは探しすぎない
  • バンカーショットの後はならす

簡単にですが順に説明していきます。

打つ人の邪魔をしない

ゴルフは繊細で集中力がいるスポーツなので、同伴者や前の組の人が打つ際には邪魔をすることは絶対にNGです。

おしゃべりや物音を立てるなどの行為をせずに、打つ人からなるべく離れましょう。

前の組に打ち込まない

自分が打つ前には必ず、前の組にボールが届く範囲にいるかどうかの安全確認が必要です。

事故が起こってからでは遅いので、必ず確認しましょう。

スロープレーは厳禁

前述したとおり、ハーフ(9ホール)のプレー時間はおよそ2時間になります。

これは確実に守る必要があります。

仮に自分たちの組が遅れてしまうと、後ろの組の時間も当然遅くなるので、ゴルフ場や周りの方に迷惑になるからです。

スロープレーは厳禁

  • ダラダラせずに小走りで移動
  • アドレスから打つまではなるべく早く
  • ラインの読みすぎは厳禁
  • スコア入力は移動しながら

これらは確実に守るべきです。

スロープレーは厳禁、プレーファーストを守りましょう。

ボール探しはクラブを何本か持ってく

セカンドショットなどのボール探しの際には、何本かクラブを持ってから探しにいきましょう。

初心者の方に多いのがクラブを持たずに探しにいくことで、2度手間になりスロープレーにつながってしまいます。

予備のボールをポケットに持っておく

ラウンド中にOBや池ぽちゃでボールを無くすことがあります。

予備のボールを持っていないと、ゴルフカートまで取りに行くことになり、これも2度手間になります。

ボール2個は常にポケットに入れておきましょう。

ボールは探しすぎない

ティーショットなどで、自分のボールの行方がわからない時にボールを探しすぎないようにしましょう。

スロープレーになるので、ボール探しの時間はおよそ3分と決められています。

バンカーショットの後はならす

バンカーショットの後には必ず、足跡やショット跡を周辺の「バンカーレーキ」でならしましょう。

ついでに、初心者向けのバンカーショットの基本も合わせてどうぞ。

[バンカーショット] 基本のルールや打ち方を押さえよう! [初心者向け]

続きを見る

ラウンド中の最低限のマナー(グリーン編)

続いて、グリーンでの最低限のマナーは下記の4つになります。

最低限のマナー(グリーン編)

  • グリーン上では走らない
  • グリーンマークはなおす
  • 他人のラインは踏まない
  • カップ周りは踏まない

順に見ていきましょう。

グリーン上では走らない

グリーン上では芝を傷つけてしまうため、走らずに静かに歩きましょう。

また、足を引きずって歩くのも当然NGです。

グリーンマークはなおす

ボールがグリーンに落ちた時にできるくぼみを「ボールマーク」といいます。

このボールマークはグリーンフォーク を使って直すのがマナーになります。

ゴルフ場によっては、マスター室にグリーンフォークを置いているところもあるので貰っておきましょう。

他人のラインは踏まない

「ライン」とはボールがカップまでに通る道のことで、踏んでしまうとボールの軌道が変わってしまうので絶対に踏まないようにしましょう。

よく嫌われる行為の1つなので注意。

カップ周りは踏まない

先ほどと同様にカップ周りは、極力踏まないようにしましょう。

芝が傷つきやすくボールの転がる軌道が変わってしまい、プレーに影響が出ます。

コースの1日の流れ [9ステップ]

コースの1日の流れを9ステップで解説していきます。

今回は9:00にラウンドスタートで見ていきましょう!

1日の流れ

  1. ゴルフ場に到着!
  2. チェックインを済ませよう
  3. ロッカールームへ
  4. スタート前の過ごし方
  5. 前半ハーフスタート!
  6. お昼休憩はおよそ1時間
  7. 後半ハーフスタート
  8. ラウンド終了&大浴場へ
  9. チェックアウトを忘れずに

この順番で見ていきます。

今回は9時スタートなので、最低でも1時間前の8時にゴルフ場に着くようにしましょう。

当然ですが、遅刻は厳禁です。

事故や渋滞などで道中が混んでもいいように、時間には余裕を持ってゴルフ場に向かいましょう。

1. ゴルフ場に到着!

まず駐車場に向かうのではなく、クラブハウスの入り口などの指定場所にキャディバックを下ろしていきます。

係の方が待機している場合がほとんどですが、コロナ感染が拡大してからはセルフで下ろすこともあります。

キャディバックにはネームプレートが必須で、もし無い場合は係の方に伝えましょう。

2. チェックインを済ませよう

受付はメンバー(会員)専用とビジター(ゲスト)用の2箇所があり、カウンターには所定の用紙があるので、名前・生年月日・電話番号等を書きましょう。

受付を終えたら、ロッカーキーがついたカードケースが渡されます。

基本はその番号で、食事や会計などの決済を行います。

なので、どこかにおき忘れたりしないように、常に持っておきましょう。

3. ロッカールームへ

受付を終えたらロッカールームに向かいますが、その前に貴重品は貴重品ボックスに入れましょう。

コースによっては茶店がクローズになっており、自動販売機で小銭が必要な場合があるので、キャディバックなどに小銭を入れておくことをおすすめします。

ロッカールームでは、ゴルフシューズに履き替えて着替えを済ませましょう。

必要なもの以外は全てロッカーに入れて大丈夫です。

4. スタート前の過ごし方

スタート前にはトイレを済ませ、マスター室にあるスコアカード・マーカー・グリーンフォークなどを無料なので貰っておきましょう。

スタート前の過ごし方は下記に書いてあります。

スタート前は?

  • ラウンジなどでコーヒーや朝食
  • パターの練習(無料)
  • ショットの練習(有料)

などが一般的で、パターの練習は無料です。

ショットの練習は有料でコースによって違いはありますが、25球で250円ほどになります。

練習はスタート前の20分前には終えて、カートなどで待機しておきましょう。

5. 前半ハーフスタート!

いよいよスタートです!

ティーイングエリアまでカートを進めたら、ティーショットを打つ順番を決めます。

これを同伴者たちに選んでもらい、線が少ない人から順番にティーショットを打っていきます。

1番の方は「オナー」といいます。

ラウンドが始まったら常に「マナーとプレーファースト」を心がけて2時間を目標にプレーしていきましょう。

6. お昼休憩はおよそ1時間

11時ごろになり、前半のハーフが終了。

昼食になりますが、クラブハウスに入る前にエアーガンで靴の汚れをキレイにとってから中に入りましょう。

そして昼食は食べすぎないこと。

後半のハーフでお腹がいっぱいだと、気分とスコアが悪くなる場合があります(笑)

私もよく食べすぎてしまい、その度に反省しております...(笑)

ですが昼食がバイキングの場合は、後半のスコアは捨ててしまいましょう!!

7. 後半ハーフスタート!

後半のハーフをスタートする前に、ボールが足りるか確認しておきましょう。

12時ごろになりました。

後半も2時間を目安にプレーファーストとマナーを守りプレーしていきましょう。

8. ラウンド終了&大浴場へ

14時ごろになり、ホールアウト(18ホール終了)したら、クラブの数の確認をしましょう。

おつかれさまでした。

クラブの確認を終えたら、またエアーガンで靴をキレイにしてからクラブハウスに入り、お風呂に入るためロッカールームに向かいます。

ロッカールームの奥に大浴場があるので、入りたい方は無料でご利用できます。

ゴルフ場によっては天然温泉のところもあるので、ゆっくり疲れを癒せますよ。

そして着替えを終えて、ロッカーの忘れ物がないか確認してからフロントに向かいましょう。

9. チェックアウトを忘れずに

帰宅準備を終えて、15時ごろになりました。

貴重品を貴重品ボックスから取り出してから、フロントでロッカーキーを渡して清算を行います。

精算機があればそちらでも大丈夫です。

精算機に出口あたりでキャディバックを引き取り、駐車場に向かいます。

コースデビューおつかれさまでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

初心者向けにゴルフ場の1日の流れや時間について解説してきました。

もう一度、ラウンド中の最低限のマナーから簡単に見ていきましょう。

最低限のマナー

  • 打つ人の邪魔をしない
  • 前の組に打ちこまない
  • スロープレーは厳禁
  • ボール探しはクラブを何本か持ってく
  • 予備のボールをポケットに持っておく
  • ボールは探しすぎない
  • バンカーショットの後はならす

全て基本的なマナーであり大事なことですが、周りの方の迷惑になるためスロープレーは特に厳禁。

続いて、グリーン編は下記の4つ。

最低限のマナー(グリーン編)

  • グリーン上では走らない
  • グリーンマークはなおす
  • 他人のラインは踏まない
  • カップ周りは踏まない

グリーン上のマナーは、初心者などは関係なく知らないと普通に怒られます。

これらはゴルファーなら当然のマナーなので、しっかり覚えておく必要があります。

続いて、コースの1日の流れをまとめました。

8:00 ゴルフ場に到着キャディバックを下ろし駐車場へ
チェックインを済ませようメンバーorビジターで受付
ロッカールームへ着替えを済ませ、貴重品ボックスへ
スタート前の過ごし方ラウンジで朝食や練習
9:00 前半ハーフスタート!順番を決め、マナーとプレーファーストを守る
11:00 お昼休憩はおよそ1時間食べすぎないこと(笑)
12:00 後半ハーフスタート!マナーとプレーファーストを守る
14:00 ラウンド終了&大浴場へクラブの数を確認
15:00 チェックアウトを忘れずに精算後、キャディバック引き取り

ラウンドのマナーや1日の流れは、数を重ねることで慣れてくるものです。

段取りやマナーのことばかり考えていると、ゴルフを楽しむことが難しいですよね。

なのであまり緊張することなく、しっかりゴルフを楽しんでいきましょう!

-ゴルフの基礎

© 2021 ゆるゴル