スイング知識

ゴルフの「ワッグル」で心とインパクトを安定させよう!

今回は、ゴルフの「ワッグル」についての効果と注意点を解説していきます。

こまりネコ

ワッグルってなに?

聞いたことないけどやるといいことあるの?

そんな疑問に答えていきます。

ゴルフをやっている人でもあまり聞くことはないですが、実は無意識にやっているゴルファーも多いんですよね。

ワッグルはめちゃくちゃ大事で、これによって以下の効果があります。

ワッグルの効果

  • 身体の力みが取れてリラックス
  • 重心やスイングのリズムに集中できる

これだけでもワッグルをやらない理由は見つかりませんね。

では見ていきましょう!

ワッグルとは?

ワッグルとはアドレスを構えて、ショットを打つ直前の動作のことで主に以下の2つが多いです。

  • クラブヘッドを左右に動かす
  • 両足で足踏みをする

こんな動作をやっている方を見たことがありませんか?

もしくは「自分も無意識にやってたな〜」なんて思った方もいるはず。

人によってはクラブヘッドを左右ではなく、上下に動かす方もいて私自身もドライバーでは上下に動かしたりします。

ですが無意識なので、「こうやって動かそう」みたいには考えてないんですよね。

もちろん全員がやっているわけではなく、ワッグルの動作をしない方もいます。

個人的にはよくそれで打てるな〜と思いますが、結局は自分に合っているかどうかなので、試してみる価値はありますね!

ワッグルの具体的な2つの効果

冒頭でもいいましたが、ワッグルには以下の2つの効果があります。

ワッグルの効果

  • 身体の力みが取れて、リラックス
  • 重心やスイングのリズムに集中できる

順に見ていきましょう!

身体の力みが取れて、リラックス

ティーショットの時にアドレスをすると、緊張してしまい身体に力が入ってしまうことはよくありますよね。

腕や肩、身体全体が緊張すると手打ちやヘッドアップになりいいショットは確実にできません。

できるはずがない。

そこで、ショット前にワッグルをすることで、身体や心をリラックスさせることができるので自信を持ってテークバックに入ることができます!

左右にクラブを動かすワッグルは、なにもリラックス効果だけではないんですよね。

インパクトゾーンのクラブの動きやスイングのイメージがしやすいので、再現性の高い安定したショットが打てるといったメリットがあります。

重心やスイングのリズムに集中できる

ワッグルの種類で、「クラブヘッドを左右に動かす」というのがありましたが、もう一つの「両足で足踏みをする」ワッグルもありましたよね。

私自身もよくやりますが、アドレスを構えて足踏みをすることで、身体の重心(バランス)の調整ができます。

それによりいつも通りのスイングリズムで打つことができるので、再現性が高いショットが可能になります。

いいスイングに大事なのは、「下半身」です。

初心者の方が誤解しがちなのが、スイングに大事なのは「上半身」だと思っていること。

クラブを腕で持っているので、そう思うのも仕方がないですが、スイングに大事なのは間違いなく「下半身」です!

その下半身のバランスを整えるのが、両足で足踏みをするワッグルになります。

これによって、テークバックや体重移動もしやすいのでスウェーをしてしまうという方にもおすすめできます。

足踏みなので身体の軸はブレないからですね。

ワッグルのやりすぎには注意しよう

これまでワッグルの効果について見てきましたが、注意することもあります。

それが、「ワッグルのやりすぎ」です。

なぜ注意するべきなのか、それは以下の2つ。

  • 身体や心が逆に緊張してしまう
  • 回りに迷惑をかけてしまう

順に見ていきましょう!

身体や心が逆に緊張してしまう

全身のリラックスのために行うワッグルですが、やりすぎると逆に緊張してしまいます。

力んでしまったり、リズムが乱れたりするのでミスショットを起こしやすい。

例えば、何か物事をする時に考えすぎて動けなくなるパターンに似ているかもしれませんね。

もしそうなってしまった場合は、一度アドレスの位置から外れることがおすすめ。

「このままショットを打ってもいい結果にならないかも」と思ったことがある方もいるはず。

こうならないためにも、ある程度リラックスができて、フィーリングが掴めたらすぐにスイング動作に移りましょう。

周りに迷惑をかけてしまう

いうまでもないですが、アドレスの時間が長い人は嫌がられます。

「プレーファーストはゴルフの基本でありマナー」です。

「こいつアドレスしてからおっせぇな〜...」

実は自分も周りからはそう思われているかもしれません。

どれだけいいスコアを出そうが、ダラダラとプレーをしたり、アドレスからスイングまでに時間をかけてしまうのはゴルファーとしてあまり好ましくないですね。

なので、周りに迷惑をかけないためにも日頃の練習でワッグルを取り入れて、リズムや時間を身体に覚えさせましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ワッグルの重要性がわかったかと思います。

実はあのベンホーガンもワッグルを取り入れており、「ワッグルは小さな素振り」だと語っていましたが、個人的にはすごく納得しています。

今まで無意識にやっていたという方もいると思いますが、やったことがない方はぜひワッグルを取り入れてみてください!

ワッグルの効果をもう一度確認してみましょう!

ワッグルの効果

  • 身体の力みが取れて、リラックス
  • 重心やスイングのリズムに集中できる

これだけのメリットがあるならワッグルをやらない理由は見つかりませんよね。

ですが、ゴルファー全員に合うとは一概にはいえないので、自分にあったワッグルを探して見るのをおすすめします!

ではまた!!

-スイング知識

© 2021 ゆるゴル